スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2010年株価予想 GSレポをハリハリしながら
- 2010/01/10(Sun) -
●GSレポよりハリハリ。今年末にどの程度当たってるか、検証するのが楽しみだ。

●GDP
 来年も固定資産投資の寄与が大きいなあ。輸出のマイナス寄与は大幅に縮小。固定資産投資については、いろんな意見があるでしょうけど、中国ぐらい成長の高い国は過剰投資ぐらいじゃないと設備が陳腐化するんじゃないだろうか・・・ まあ、わしは自動車株中心に見てるんで、そう思うだけかもしれないけど。もし過剰な投資がなかったら、吉利や奇瑞が外資をキャッチアップすることは永久にないでしょう。
 固定資産投資のうち最大項目は不動産ですけど、これについては、またいずれカキカキしますわ(長くなるんで)。


●これまでのMSCI中国指数とA株指数の推移
 現状の予想PERはまずまず正常レンジ内にあるようだ。08年底からの上昇率に目を奪われてはいけない。警戒はいつも必要だけど、それはバブルかどうか以前の話。現状をバブルと断定する理由は、株価には存在しない(他に存在している可能性はある)と思う。


●GSの2010年H株価予想
 予想PER15を基本とすると16800だそうだ。オーバーシュートで20000まで。もう少し細かい推移を考えると、春に1つ目の山、秋以降に2つ目の山が来るそうだ。この辺の山の予想は、わしも同意。春は予想以上の利益回復が、秋は輸出回復がエンジンになるんじゃないかなあ。


●GSの2010年マクロ予想
 この数字通りならば、株価は非常に強気でええと思う。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。